« 無調整水晶発振回路について | トップページ | モールス通信 »

2014年10月 6日 (月)

またまた熊野古道を歩く

P9130221_1_1  雨が続いた8月から9月に入り、晴れが続くようになり、旅の虫が頭をもたげ、熊野古道に向け出かけました。

 以前、中辺路を歩きましたので、今回は小辺路を歩きました。

 3泊4日快晴の中、「熊出没注意」に怯えながら高野山から熊野本宮まで、鈴を鳴らしながら歩いた。

 大滝ではコウヤマキを見、十津川では森山良子の歌を聴き、果無峠を越えてシャクナゲの群生を見て、疲れを癒してくれた。さらに三浦口では八段の「はぜ」作りを見、二年前の台風かな(?)12号台風で十津川地区は豪雨により山の崩壊等で、河川が土砂で4~5m埋まったとのことで、いろいろのことを見聞させていただいた。

十津川の農家民宿山本は、料理の数は多く大変美味しい。奥さんもご主人も大変優しくおもしろい話も聞かせていただきました。

また、「非売品」の酒など飲ませていただきました。加えて、ご主人には日本一の「谷瀬の吊り橋」に連れて行っていただきました。ありがとうございました。これにより、翌日の行動がぐ~とゆとりが出来ました。

参考までに行動時間

 1日目 高野山(10:00)→大滝(11:45)→水ケ峰集落跡(13:00)→大股橋(15:06)

 2日目 大股橋(8:05)→伯母子岳(10:26)→三田谷橋(14:10)→三浦口(14:25)

 3日目 三浦口(7:30)→三浦峠(9:33)→西中バス停(12:00)→昴の郷14:00)→十津川温泉

 4日目 十津川温泉(5:10)→果無集落(5:50)→果無峠(8:10)→八木尾橋(9:55)→熊野本宮

      (11:25)

|

« 無調整水晶発振回路について | トップページ | モールス通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259369/57598735

この記事へのトラックバック一覧です: またまた熊野古道を歩く:

« 無調整水晶発振回路について | トップページ | モールス通信 »