« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

島村ミツ その2

P2280045_1_2_1

連門教法塔     パソコンに弱いもので、写真が寝たままでごめんなさい。

            みなさん、秋の夜長?寝てみたらいいですよ。

これは、明治に島村ミツ(現下関市菊川町に生まれた)が、その師柳田素入の頌徳碑を小倉境町の連門教本殿敷地内に建立した。

やがて、連門教の衰微により、大正初め本殿東側の紺屋町7-211-21に移転した。

戦後、その地に料亭が建ち、昭和41年、料亭の増改築にともない、石碑は下石田野五社神社境内に建立された。

その石碑が上の写真。

(出展;小倉郷土会第20冊、連門教について 米津三郎著から)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »