« サクラが開花 | トップページ | FT-101ES修理② »

2010年4月16日 (金)

FT-101修理

002_1_3_1

 先日、友達から、押し入れにしまってあったFT-101ESをもらってきました。

 SWを入れたら、青白い火花が出、バチバチ音し、焦げ臭い匂いがしましたので、すぐSWを切り調べるも、パンクをしたコンデンサーもなく、焼けた抵抗もない。臭ってみるが中々特定できない。

 またSWを入れると火花が出、音がし、くさくなる。

 しつこく眺めていたら、上記写真のバイアス回路-100vの配線と250v20マイクロFコンデンサーのアースリードの間にゴミがたまり、ここで漏電を起こしていました。(基板上に少し焦げ痕が残っています)コンデンサーを換え、基板を拭きましたら直りました。

 ほこり大敵ですね。

 最近は、この機会で出ています。

 

|

« サクラが開花 | トップページ | FT-101ES修理② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259369/34257588

この記事へのトラックバック一覧です: FT-101修理:

« サクラが開花 | トップページ | FT-101ES修理② »