« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月28日 (木)

西郷隆盛の足跡を求めて その4

P4170174_1_1_2  昨日(2009.4.16)に続いて見立て地区から湾洞越えをし高千穂に歩くこととする。

 仲組バス停傍に写真のような祠があり、その祠の柱に「薩軍敗走路湾洞越え3時間」と書かれた札が掛けてある。

P4170163_1_3_1  しかし、日之影町役場で聴くところ、西郷隆盛が越えたルートは川中からと教えてもらい、写真中央の道を登っていく。

 道の分かり難いところが数箇所あるが、全体的には道の形跡があり、急斜面をジグザクに、或いは急斜面をトラバースし、遠くのアケボノツツジを眺めながらて3時間後に湾洞越えに到着。

P4170172_2_3_1_2  広々した湾洞越えで、西郷隆盛も休憩したであろう場所を眺めながら、行動食を食べる。

 高千穂を目指して西の谷を下る。

P4170173_3_3_1  谷を5分か10分下ったであろうか、写真のような「薩軍敗走路」なる黄色い札が掛けたあった。このルートではじめて見た。

 もう少し下ると、道がハッキリしなくなり鹿よけの網が張られている。これを潜り囲いの中に入り、藪をかき分けかき分け下ると林道に出た。

 林道歩くこと2時間、岩戸神社到着。林道歩きは疲れた~。

 川中に車を取りに行くため日の影で「すまいるバス」を待っている間、見立ての老人からいろいろ教えていただいた。

 かっては、岩戸神社の祭りや小学校の運動会などのとき、湾洞越えを越えていっていたと。

 また、見立ては鉱山で非常に栄えており、農家は米のご飯が食べられないが、見立てでは銀飯を食べていた。

 農作物なども日之影などから、夜の暗いうちから担いで見立てに売りに行っていた。

 このようなことから、湾洞越えを越えて岩戸と見立ての、また鹿川峠を越えて鹿川と見立ては相当の交流があったものと思われる。

 これで、俵野から高千穂まで歩くことが出来た。

 出来ることなら、鹿児島まで歩きたいが、ルートが分からない。

 どなたか教えて。

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

ホタル舞う

 今晩、8時半頃、歌野ダム周辺を散歩していましたら、ホタルが舞っていました。

 乱舞とは言えませんが、飛んでいました。

 写真がお見せできないのが、残念です。

 今日は、雨上がりで気温も下がっていました。

 空気は澄んでいるようで、虫たちは全く居ませんでした。

 そんな中でホタルが飛んでいましたので、これが雨降りの前でしたら、乱舞になっているでしょう。

 これから、8時半以降が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

カナメモチ

P5030176_1_1  これ何の花でしょうか?

 カナメモチの花です。

 生け垣によく使われています。

 紅カナメとも言うのですか。

 赤い葉っぱばかり目に付きますが、このような白い可愛らしい花が沢山咲きます。

 実は、私も今まで葉っぱばかり見ていて、花に目がいきませんでした。

P5160195_2_1  街の中を気を付けてみていますと、あちらこちらに咲いています。

 それも、木全体に花が着いて、紅色ではなく真っ白になっています。

 今の時期、散歩が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

梅が豊作

Img_2652_1_1  この最近、夏を思わせるほど暑い毎日が続いています。

 お陰で、梅もすくすく育っています。

 この月下旬か来月には収穫できるでしょう。

 今年は沢山なっているので、梅干し、梅酒、梅シロップなどなど楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

爽快な一日

Img_2647_2_1  連休中は、孫の子守やその他で自分の時間がとれなかったが、今日一日、やっと自分の時間がとれたので、サイクリングに出かけました。

 今日は快晴、微風、サイクリング最高。加えて、長府からの関門海峡沿いは潮の香り、船の汽笛、のんびり走って最高!!!!!!。

 子守の疲れが一気にとれ、爽快な気分。

 唐戸のウッドデッキに寝ころんで船の行き来や釣り人を眺めて言うこと無し。

Img_2651_1_1  田舎に入れば、レンゲが咲き誇っています。

 一時期はあまり見かけませんでしたが、最近はまた増えてきたようです。

 連休最後の日いい一日でした。

 また、明日から頑張らなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »