« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月24日 (水)

華山登山その2

Img_1986_1_1

 華山に登りましたら、すでにウリハダカエデガ紅葉を少しずつ始めていました。

 

 Img_1956_2_1

 西の嶽から山頂に向かう途中には、次のような花が澄んだ秋空の元鮮やかに咲いていました。

Img_1977_6_1              

Img_1979_8_1Img_1980_9_1 Img_1984_10_1                                                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

華山登山

Img_1985_11_1  秋の澄み切ったいい天気が続いており、ついつい足が山に向かいました。

 ここは菊川町歌野、自然活用村緑地広場からのルート案内もしっかりされており、るんるん気分で登れます。

Img_1974_4_1  華山西嶽まで約1時間30分。

 頂上には、仲哀天皇殯葬所として祠があります。

 夏過ぎ登ってきたときは、草が茂っていましたが、今はImg_1975_5_1綺麗に刈り払われています。

 この時期、ここからの眺めは素晴らしく、西に青々とした日本海、何処までが海で何処までが空かハッキリしない。

Img_1971_3_1_3 南は、九州が、豊後水道が、宇部市がハッキリと見渡せます。

 北側は、一位ケ岳、白滝山を望めます。

 西側は、華山が高々と聳えています。

Img_1969_2_1_2  西の嶽から華山山頂に至るルートは、前回きたときには沢山の倒木が道を塞ぎ、さらに草が背丈以上に生えていたが、今は綺麗に整備されている。

 秋の登山シーズンに向けてどなたかが整備されたのであろう。       

Img_1967_1_1_2  下関市指定天然記念物「華山のアセビ(馬酔木)群生林」の中を潜り進むと舗装された道路に出る。

 この道路から西の嶽へのルートは良く整備されており、高低差もあまり無く、一寸足を伸ばされて西の嶽の芝生の上で寝ころんで、何処までも透けて見える空を眺めると極楽極楽。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

ミゾソバ 他

Img_1949_1_1  ミゾソバ

 一寸湿気が多い処に茎を地面に這わせている花です。

 今まであまり目にとめなかったのですが、よく見てみると淡紅色し、萼は5裂しとても可愛らしいです。

 いくら見ていても厭きない花です。野山には沢山の綺麗な花が咲いていることをあらためて認識しました。

Img_1957_3_1 ツワブキ

野山を歩いていると、このツワブキをよく見かけます。

 秋になったのだなと、あらためて感じます。

 この花は、黄色が澄んでいて綺麗ですし、また、それと同じぐらい、葉っぱのみどりがとても綺麗です。

 春は、新しく出た茎を食べれば、これまた一杯多く飲めます。

 いい植物です。

 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

ミョウガ 他

_1_1 ミョウガ

 散歩中にヤブの中を見たら、地面に淡黄色の花が咲いていました。

 一寸変わった雰囲気なので、カメラを向けてみました。

 写真を撮るために近づいたら、特有の香りがしました。

 なお、花は一日でしぼむようで、これを見れたことはラッキーだったのでしょう。

 また、花序と若芽は食べられるとのことで、一寸失敬して天ぷらにして食べましたら、一寸香りがし、酒が一杯余分に要りました。

 下を見て歩けば、いいことがありますね。

Img_1928_2_1 サンヨウシャジン

 この花は、釣り鐘状で雌しべが飛び出ています。

 道ばたでも何処でも咲いていますが、いくら見ても飽きがきません。

 また、風に吹かれて揺れている姿が、またなんとも言えません。

 今から先、季候もよいので、花を実ながら散歩をするのも楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

岩崎元郎さん山口で講演

 岩崎元郎さんが山口市で「山っていいな」と言う演題で講演されました。

 ①山に登れば、身も心も健康を取り戻すのではないか。1億2千万人山に行きましょう。

 ②安全登山を。以前の事故は冒険的な登山で起きていたが、最近は中高年による体力・脚力不足、転倒滑落、勉強不足などによるものが多い。それで、それぞれ自分にあった登山をして欲しいと考えて、新百名山を選んだ。

 ③山は楽しく登らなければおもしろくない。そのためには、歩幅を小さくし岩崎流ゆっくり登山を。

 と言うような内用でした。

 思いを新たにし、納得して家に帰りました。

Img_1519

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

食欲の秋

Img_1947_2_1 Img_1944_1_1  今年の夏は、暑かったですね。

 10月に入た今も、日中は暑いです。朝晩は涼しくなりましたが。

 それでも、自然はよく知っていて、この時期になれば田圃の畦には、ヒガンバナ(マンジュシャゲ)が赤々と咲いています。

 体調も良くなり、何を食べても美味しく感じられるようになりました。

 特にこの時期、栗や柿が季節を感じさせ、熟れて美味しくなってきました。

 今年は、栗は不作なんでしょうか、少ないです。

 その分、柿は沢山なっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

クコ

Img_1921_1_1_1 Img_1926_3_1              

 クコ(枸杞)

 30年40年位前でしょうか、クコのお茶が身体によいと言うことから流行し、屋敷の側に植たものです。

 それが、今も残っており、今はお茶となることもなく草むらの中に、寂しげに花を付けています。

 しかし、花は淡紫色で綺麗です。

 刺状の小枝があります。

 葉は束生し、質はやわらかくて無毛です。

 橙紅色の果実を付け、食べられるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »