« 無調整発振回路 | トップページ | 鳳凰3山 »

2007年9月25日 (火)

オベリスクと瀑布めぐり

Img_1891_1_1  オベリスク

 何年前からであろうか、南アルプスのオベリスクを見たいと思っていた。

 それが、やっと実現できた。

 ここは南アルプス地蔵岳。えっちらおっちら登ってきましたら、パット目の前が開けてきた。

 見上げれば、天に向かって突き上げる巨大な花崗岩。太陽の神の神殿に捧げる標柱にふさわしい。見上げることしばし。

 途中まで登るが、オベリスクに登ることはできなかった。それで良かったと思う。

Img_1867_1_1  瀑布めぐり

 ドンドコ沢をえっちらおっちら、顔を上げれば南精進の滝。

 この水量。

 迫力満点。

 疲れも取れ、また急登を進む。

Img_1871_3_1  そこに、鳳凰の滝。

 滝の清涼で元気を取り戻す。

 この滝は、少し寄り道しており、かつ、横向きのため、見てもらえる人が、少ないようである。可哀想。

 Img_1874_4_1

 また、ひたすら登ると、白糸の滝にたどり着いた。

 滝壺のほとりで、一休み。

 滝の水を一杯。元気を取り戻す。

Img_1878_2_1  ああ~、相当登ってきたな。標高2200m。今日の目標2750mまで後500m。頑張らなくちゃ。

 そんなとき、五色の滝。

 落差と言い。水量と言い。迫力満点。今までの滝の内で最高。

 ドンドコ沢を登って、感動感動。

 続きは、あと

|

« 無調整発振回路 | トップページ | 鳳凰3山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259369/8095220

この記事へのトラックバック一覧です: オベリスクと瀑布めぐり:

« 無調整発振回路 | トップページ | 鳳凰3山 »