« オベリスクと瀑布めぐり | トップページ | 穂高連峰 »

2007年9月25日 (火)

鳳凰3山

昨日に続き鳳凰3山の旅

Img_1895_1_1  シラビソの樹間に御来光を見ながら鳳凰小屋から観音岳に、あえぎあえぎ登ると、目の前にパット開けた花崗岩の岩々。

 ここは、赤抜の頭と観音岳の鞍部。

 花崗岩の上に座り、甲斐駒ケ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、遠く悪沢も見える。

Img_1909_3_1  観音岳を過ぎ、薬師岳を過ぎ、後は長い長いルートを夜叉神峠に向かう。

 杖立峠付近に来ると、シラビソの根本に、びっしりシラビソの赤ちゃんが生えている。

 これらが、次世代のシラビソに育っていくのであろう。

Img_1783_1_1  山の頂上から見たとき、下界には雲がたれ込めていたが、杖立峠付近に来ると、樹間に雲がたなびき、趣のある情景を醸し出している。

Img_1910_2_1  そうは言っても、雨が降らないことを祈りながら、夜叉神峠を目指す。

 こう言う風景も、素晴らしくカメラを向けたくなった。

 祈りが天に通じたのか、雨にも遭わず、無事夜叉神峠登山口に辿り着いた。

 今回の山行は天気に恵まれ、幸せ幸せで、無事終了。

 しかし、この山行は、鳳凰3山の前があり、それは次回の楽しみ。

 

|

« オベリスクと瀑布めぐり | トップページ | 穂高連峰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259369/8106396

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰3山:

» 杖立温泉 [杖立温泉案内]
杖立温泉に関する情報がいっぱいです。役立つものばかりです。 [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 11時52分

« オベリスクと瀑布めぐり | トップページ | 穂高連峰 »