« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

ヘクソカズラ

Img_1589_1_1 Img_1598_1_1  夏休みも今日で終わりですね。

 日中もだいぶ過ごし易くなり、カメラを提げて田舎をぶらぶらしました。

 そうすると、こんな可愛い花が咲いていました。

 この花は、野原に沢山生えており、草を刈るとき草刈り機に巻き付いて困るが、可愛い綺麗な花です。

 秋になると、実も沢山見ます。何処でも見かけます。

 一寸臭いがありますが。それで、「屁糞葛」「屁臭葛」という和名があるようです。

 その名前とは似つきませんが、可哀想な名前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

ガガイモ

Img_1591_1_1 Img_1592_1_1  暑い日が続いています。それでも草はどんどん大きくなっています。

 写真は、ガガイモで乾いたところにつるをどんどん伸ばしています。

 梅の木につるが巻き付いて、梅が可哀想なのでつるを切ろうとしたところ、可愛い綺麗な花が沢山咲いていました。花の内側には、長い毛が密生しています。

 それでも、目を背けてつるを切ると、白い乳液がぽたぽたを落ちていました。

 いままで、この植物は草刈機に巻き付いて厄介者でしたが、このような綺麗な花が咲くことを改めて知りました。

 ゆっくりじっくり見れば、自然には綺麗な植物が沢山あることが分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

ゲンノショウコ

Img_1533_1_1 Img_1534_1_1  あれ、花弁が虫にかじられていましたね。

 最近草の中に混じって、ピンクの綺麗な色をして、沢山咲いています。

 花の感じがフウロに似ていると思ったら、フウロソウ科のようです。

 この花は強いのでしょうか、コンクリート舗装の割れ目に咲いていました。最近は雨も降りませんが、萎れることなく、花も葉っぱも生き生きしています。

 ところで、暑い日が続きますね。家の中でも35度を超えています。汗が背中も腹も足からも流れ落ち、手にも吹き出てキーボードが濡れています。

 盆が過ぎたので、そろそろ涼しくなってもいいですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

根子岳西峰

 阿蘇根子岳西峰に登りました。

 登山口を探しましたが分かりませんでしたから、地図から、南東に延びている尾根を登ることとし、檜林から入り尾根に取り付きました。

 下から見ると綺麗な草原も、茅に笹混じりで、身長より高く、ルートもなく山頂までヤブこぎの連続。

 山頂は、畳1~2枚程度の広さで周囲は断崖絶壁である。草木が生えているからいいが、これらがなければとても居られない。

 下りも、草をかき分けるのに脛が痛くなり、車の運転が心配になる。それでも、阿蘇中岳を目指して慎重に進む。

 ルートのない山は初めてあるが、見通しが良かったので登れた。

 登り 1時間45分     下り 1時間

Img_1567_1_1  山頂から天狗峰を望む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

イヌビワ

Img_1573_1_1 Img_1562_1_1  最近イヌビワの実が沢山道路に落ちています。

 今年は、落ちている数が多く、また大きいようにに感じます。

 毎年道路に落ちているのを見ていましたが、今年は特にこのように感じます。

 イヌビワは雌雄異株のようで、雌株の実は秋になると熟して黒くなります。これをよく食べていました。美味しかったことを思い出しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

コマツナギ

Img_1489_1_1  毎日暑い日が続いています。そんな中散歩をしていましたら、草むらの中に小さな紅紫色の花が目にとまりました。

 茎を引っ張ってみましたら、茎は細いですがなかなか丈夫でした。

  この花は、和名駒繋ぎと言うようで、茎は細いが馬をつなぐことができるほど丈夫なことによるということのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

阿蘇根子岳

 信州の梅雨がなかなか明けないので(8/1梅雨明け)、アルプスに行けずに空ばかり眺めています。

 その合間に、阿蘇根子岳西峰に行きました。

 日ノ尾峠に、縦走は非常に危険との看板があり、根子岳の厳しさを再確認しながら出発した。

 出発は、10時前であったが、ヤブこぎに継ぐヤブこぎでシャツもズボンもビッショリ。さらに急登は、山頂まで続いている。

 あれ、西峰は南側で空に向かって突き上げているあれではないか。「ベテランリーダーなしでの進入は絶対禁止」との看板がルートを塞いでいるし、自分の技術では行かれない。天狗峰を眺めて退散。

 山頂付近には、オオヤマレンゲが沢山咲いていたので、これに慰められ下山する。

Img_1518_1_1 Img_1519_1_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »