« 土筆が顔を出す | トップページ | 野山の花々 »

2007年4月 8日 (日)

華山登り

Img_1069_4_1_1

 今回は、趣味の山登りを書いてみます。 行き場所は、華山(713.3m)(下関市菊川町・同市豊田町)です。

Img_1042_1_1_1  自然環境活用センターから約150m上を「華山」の標識を見ながら右折し、出会橋を渡り野外緑地広場に到着する。

 同広場の北側に「(華山)西の嶽登山口」の看板を見て林道に入る。

Img_1047_2_1_1_1  約1時間でコンクリート製の標識「華山・西の嶽」と記されたところに着く。

 ここは、歌野清流庵へ下る分岐点である。

 この付近には、ミミガタテンナンショウ(?)、マムシグサ(?)、ユズリハなどが沢山生えている。

Img_1052_3_1_1  約30分で尾根に着き、ここを右に行くと華山山頂であるが、左折して5分程度で西の嶽山頂に着く。この尾根付近はアセビの群生地(下関市指定)である。

 ここは、昔熊襲征伐に向かわれ落命された第14代仲哀天皇の賓葬所と言われている。

 東は華山で遮られているが、白滝山、一位が岳、天井岳、狗留孫山、鬼が城、竜王山、そして日本海・響灘、瀬戸内海・豊後水道が遠望できる。

Img_1058_6_1_1_1  約20分で華山山頂に到着する。標高713.3mで県西部では一番高く、360度遮るものはなく眺望抜群である。

 付近には、パラグライダーのランチャー台もあり、休日には沢山のライダーマンが大空を楽しんでいる。

Img_1062_5_1_1 Img_1000_1_1_1            

 6合目分岐から歌野清流庵口へのルートをとり、杉林を一気に下ると、頂上から約50分で登山口に着く。そこには、歌野清流庵があり”そば”を食べさせてもらえる(ただし、予約が必要)。

 この山は、いたるところにヤブツバキが群生している。

|

« 土筆が顔を出す | トップページ | 野山の花々 »

コメント

私もこの岩穴コースが一番好きです。
来月の12日土曜日に子供たち10~15人を連れて自然観察をします。
このコースを通り山頂には行かずに、途中の分岐で清流庵に下りて帰ります。
宜しかったらご参加お願いします。
清流庵の掲示板に詳しいチラシを張っています。

投稿: いっつあん | 2007年4月10日 (火) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/259369/6023140

この記事へのトラックバック一覧です: 華山登り:

« 土筆が顔を出す | トップページ | 野山の花々 »